Kazumi Ohishi - Kaminchu Shaman from Okinawa, Japan

Talk & Water Ceremony with Kazumi Ohishi - Kaminchu Shaman | 2017 | London

大石和美

沖縄生まれの神んちゅ *かみんちゅ(神人・女性神官)=シャーマン

近年の気候変動や地球の異常気象において、「我々に降りている啓示を伝える時期に来た」と感じ、警鐘を鳴らす意味で国内外で講演会などをはじめる。東京、沖縄、アメリカ、スイス、イギリスなどで『人類と地球について』の講演会を行う。

世界中の様々な聖地等へ招待を受け、北米ネイティブインディアンのセレモニー、13人のグランドマザーのメンバーのフレドレマヨ・グランマを始め、マヤ族のドン・アレハンドロ大長老や、コロンビアの四部族(コギ族、アラワコ族、ウィワ族、カンクワ族)の先住民のマモス(霊的指導者)達と祈り・儀式を行う。

イギリスロンドンの老舗のサイキックスクール『The College of Psychic Studies』で、初めて沖縄の神んちゅとして神託啓示の講演会を行う。

“多肢にわたる神託啓示(メッセージ・予言)において、4元素(水、火、土、大気)の変化、RNAとDNA変化.、霊性や高次元、地球意識、惑星意識等があります。その中で人々が一番分かりやすい類似点が地球環境や異常気象になります。例えば以下のような事象が見られます。
◉ 地球の極移動がさだまらない
◉ 古代と現代のプレート活動
◉ 巨大地震や火山活動
◉ 地球環境変化とウィルスの突然変異の歴史 

①日本の先住民族について

近年、海外でも日本に先住民族がいたという認知は高まってきています。特にアイヌ民族は国連にも認められていますが、沖縄については余り知られていません。北の北海道にアイヌ民族、南の沖縄の島に琉球民族、この二つの部族が日本の先住民族ではないかとされています。

 ②沖縄=琉球国について

沖縄は、先史時代から1879年、日本国の統治下になるまでは、日本とは別の琉球国という小さな島でした。島民も、琉球人と呼ばれ、言葉も違っていました。ハワイ島に先住民族がいたのと同じです。

③琉球国の女性神官達

琉球国には精神世界を扱う女性の霊能者達がいました。これらの霊能者達は、主に3つの役割に分けられていました。

◉ ノロと呼ばれるのは、国の祭祀を行う女性神官達。(神んちゅから選ばれる。)

◉ 神んちゅ(カミンチュ・女性神官・預言者)は、神託啓示を聞き祈り儀式をする。(琉球王朝時代からノロ、神んちゅは、神と称する者達の神託啓示を見聞きできる特別な存在として崇められ、組織もあり保護されていました。)

◉ ユタは、民間人の先祖霊を扱う(亡くなった人の霊や声を聞き慰める役目)

④日本国の統治後の女性神官達 

当時の日本国の政治家達は琉球国を統治するにあたり、琉球独自の祈りの儀式を禁止しました。そして、ノロや神んちゅ達の組織を解体し、祈りや儀式をした神んちゅやノロは処罰されました。このような歴史があり、現在もノロ、神んちゅ達の正式な組織団体はありません。かろうじて一部地域にいる神んちゅ達の中には、村の祈りをおこなっている者もいますが、神んちゅ達も高齢になり一般の人が沖縄に行っても神んちゅを探すのは難しい状況です。

⑤神んちゅの神託啓示

神んちゅは代々血族か霊的に受け継がれており、スピリチュアルワークなどで、誰もかれも簡単に成れる存在ではありません。沖縄の伝統的な神んちゅ達は、余り沖縄の島から出ることはありません。神んちゅは、普段は沖縄の自然神の祈りをおこなっています。神んちゅもそれぞれ祈る役目もちがいますし、皆に神託啓示が降りているわけではありません。

⑥神託啓示の世界的レベルでの現実化

神んちゅは、余り表にでることはありませんし、通常は神託啓示を表に出すことはありません。

大石和美さんに降りている神託啓示は多肢にわたります。中には、学者や有識者達の叡智になるようなものもあります。ある意味、特別な神託啓示だと理解しておいてください。現在、地球規模で起きている異常気象、自然環境の狂い、疫病と、国家間の争いなどの神託啓示が現実化してきています。

“沖縄には、ニライカナイという理想郷の国が、海の底に消えてたという伝説があります。これが、ムー大陸(レムリア)ではないかと言われ、研究している学者もいます。” — 大石和美

こちらのビデオは2020年8月6日、World Peaceという海外の団体の依頼により、広島·長崎原爆75周年の際、特別に撮影された『水の祈り』の模様です。通常、一般の人々の前でするものではないので、とても稀で貴重なビデオになります。

Showing the single result

Kazumi Ohishi is one of the very few Kaminchu (Okinawan shaman / oracle) existing today.  She has conducted prayers and ceremonies with the Mayan elder, Don Alejandro, as well as the 13 Grandmothers and the Kogi Mamos. She listens to messages accepting the presence of Gods and shares those messages with others. She makes pilgrimages following the messages and prays for life of water and the five elements. Some of the messages tell her about depletion of water of the earth and the future of humankind.. Join the events I am organising for her in the UK below.

Before 1872 Okinawa prefecture in Japan used to be a kingdom called “Ryukyu”. In Ryukyu, the indigenous people “Ryukyuan” lived and the female Kaminchu were responsible for ceremonial prayers for various Gods protecting the kingdom. The Spirit world of Okinawa is animism. In this world there are 3 types of psychic medium- Yuta, Noro and Kaminchu. The Yuta deal with the spirit world of humans, listens to the voices of the ancestors and gives private sessions. The Noro conduct ceremonies and prayers for the Kingdom. The Kaminchu  deal with the Gods. They receive messages from the past and makes prophecies about the future. The Kaminchu are born psychics, often female and each with a different spiritual role.

Here are the some words from Mrs. Ohishi

“I have been receiving messages from the great gods and divinities including predictions for humankind and mother earth. Then, I have been validating them with my team to see if the world has been moving on as predicted from what I received by observing the change in the natural world and global affairs.

Amongst these messages of oracle revelations I received, there are many points that I would like to hear opinions of  specialists of each field such as medicine, science, physics, space science, geology, biogeoscience, theosophy, anthroposophy and so on.
 
Some of the predictions regarding humankind and mother earth have been coming true one by one. Seeing what is happening in this world, I have decided to step forward and share these messages with the public in the coming years. It happens that England is the first place I will share these predictions regarding the future of humankind and mother earth.
 
I haven’t performed these ceremonies in public in the past. The only occasions I performed in front of others was when there was a gathering of selected shamans and when I was invited for a special ceremony. Therefore, even in Okinawa or in Japan, there was no chance for the public to attend and see my ceremony where I take gods in my physical body to perform this secret ritual.
 
You may wonder how my events are going to be. But I am also very curious how you (those outside Japan) will feel after attending my events!
 
See you soon !
 
Mrs Kazumi Ohishi “